■トレンド

新型ブニヤウイルスの原因はマダニ!感染対策はどうすればいいの?

2020年8月4日日本の報道によって

中国で新たに「新型ブニヤウイルス」というウイルスが発生していることが判明した。

今、世界では新型コロナウイルスが流行している。

この状況の中で「新型ブニヤウイルス」の流行も確認されたとなると

いよいよ世界がやばい気がする・・・

今回は「新型ブニヤウイルス」の感染経路と感染しないための対策について

情報をまとめました。

新型ブニヤウイルスとは

 

新型ブニヤウイルスは、ブニヤウイルスの一種。マダニ感染症である。
中国の報道によると、このウイルスは2010年に中国で発見され
マダニ咬傷による重症熱性血小板症候群を引き起こすウイルスである

引用:wikipedia

実はこのウイルス日本国内ですでに確認されているんです。

日本で初めてブニヤウイルスが確認されたのが2013年1月

国内で海外渡航歴のない方が罹患していたことが初めて報告されました。

全国では25都府県で536例の症例が確認されています。
(令和2年7月14日現在)

広島県では50例(うち10例で死亡)の症例が確認されています。
(令和2年7月14日現在)

日本ですでに確認されてたんだ!

ですが、今回は「新型ブニヤウイルス」

国内で確認されたウイルスの型とは違うので

安心はできませんね。

新型ブニヤウイルスの原因はマダニ

wikipediaによると新型ブニヤウイルスの感染経路は

マダニだということがわかりました。

新型ブニヤウイルス=マダニ感染症という事です。

マダニの咬傷によっこのウイルスが体内に侵入すると

重症熱性血小板減少症候群を引き起こします。

感染経路はマダニを介したものが中心ですが

血液等の感染者の体液との接触により

人から人への感染も報告されています。

そして治療は対症的な方法しかなく

有効な薬剤やワクチンは現在ありません。

感染は人から人もあり
有効なワクチンは現在ない


新型ブニヤウイルスの症状などについてはこちらの記事に

新型ブニヤウイルスは人から人に感染する?症状と対策まとめ

新型ブニヤウイルスの対策

現在、残念ながら新型ブニヤウイルスに対して

有効な治療法、ワクチンは存在していません。

ですが発症原因のマダニに対しての対策はあります。

しっかり対策することで新型ブニヤウイルスにかかる

リスクを減らしましょう。

自然が多い場所には近づかない

現在マダニは世界中で800以上の種が存在しており

日本にも47種のマダニが生息しています。

マダニが多く見られる場所は

「シカやイノシシなどの野生動物が出没する環境」

「山、庭、畑」といった自然が多い場所。

また、マダニの多くは春から秋にかけて活発に活動するとのことです。

対策としては
春~秋はなるべく自然に近づかない!だね!

肌の露出を下げる

新型ブニヤウイルスの感染経路はこのマダニによる咬みつき。

そのため肌を露出しないことが感染対策として重要です。

もしも草むらなどに足を踏み入れる機会があった時は

長袖、長ズボンの服装が好ましいでしょう。

完全防御を望む方は、さらに軍手や長靴をすると

肌の露出はほとんどなくなりますね。

外出した際は服を念入りにチェック

自宅に帰った後も注意が必要です。

マダニが肌についていなくても上着などに付着している場合も考えられます。

一度外出した際には来ている服をチャックし、帰宅した方が万全な対策といえるでしょう。

虫よけ剤を使用する

マダニに咬まれないようにするにはどうしたらいいか。

究極問題近づけさせなければいいんです。

そこで虫よけスプレーの出番。

マダニ対策として、2013年にマダニに対する虫よけスプレーが認可された。
「ディート」「イカリジン」といった2種類の有効成分を含んだ
虫よけスプレーが市販されている。

引用:NIID 国立感染症研究所

服にかけてから出かけるとマダニ予防に繋がります。

ここで注意すべき点は、あくまで虫よけスプレーは

虫の付着をある程度防ぐものであり、完全には防げないので

虫よけスプレー+他の対策方法もしっかり行いましょう。

咬まれた場合は適切に対応

今回の新型ブニヤウイルスの原因は

マダニに咬みつかれたことによって体内にウイルスがはいるからです。

普通なら、一度咬むと離れるんだろうと考えるじゃないですか

ですが、マダニですから咬まれると長い場合で10日以上も吸血することがあります。

10日とかきついって…
小さくて痛みもないから
咬まれている事自体気がつかない

吸血中のマダニを無理に取り除こうとすると

マダニの体だけがとれて、残りが皮膚の中になんてことも・・・

ですので万が一マダニに咬まれてしまった場合は

医療機関で適切な処置を受けましょう。

現在、幸いな事に日本で「新型ブニヤウイルス」発生はありません。

中国では徐々に感染者、死者共に増えているので

できる対策は十分に行いましょう。

「新型ブニヤウイルス」の現在の感染者数と致死率についてはこちらの記事をご覧ください

新型ブニヤウイルスの感染者数は現在何人?致死率は高いの?

新型ブニヤウイルスについて皆の反応

 

新型ブニヤウイルスの対策はないけど
マダニ対策をすることで予防は可能!
日本でも以前から発見されていた病気なので
今のところ心配する必要はないですね

新型ブニヤウイルスの感染に注意しよう

今回の記事をまとめてみます。

・新型ブニヤウイルスはマダニが原因
・治療法やワクチンはないが対策はある
・日本でも以前から確認されていた感染症

今のところは大げさに騒いだり、心配する必要はなさそうですね。

良くも悪くもネットの情報は不特定多数に、急速に広まります。

しっかり情報を確認しながら行動しましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

-■トレンド

© 2020 らくらくいずむ Powered by AFFINGER5