【理学療法士・作業療法士やめたい】低い年収に過酷な業務!その実態は!

転職
スポンサーリンク

リハビリ職の人はすでにご存じではないでしょうか。

多い業務、資料等からの残業。数々の勉強会。少ない昇給。上がらない給料。

どうにかしてこの生活を変えたい

そう思っている人も少なくないはずです。

今回は【年収アップさせる方法】について紹介。

リハビリはブラック業界

①リハビリ年代別平均年収

リハビリ職の平均年収はご存じですか?

医療職だから高いんでしょ!

実際は仕事量も多く過酷、そして安月給です。

働いてわかる・・・超絶ブラックですよ。

2019年のリハビリ職平均年収は408万程度。

一般的なサラリーマンの平均年収は440.7万とのことですから平均以下となっています。

どうしてこんなに低いの?

理由としては・・・

①リハビリ業界の年齢層がまだ若い事
➁診療報酬や介護報酬の改定等で病院が打撃をうけ、職員の給料も下がる

結果、リハビリ職は給料が低く、昇給も少ないため将来が心配な職業・・・

➁昇給が極端に少ない

「医療職だから昇給はいいでしょ!」

はっきり言いましょう。高いのは最初のみです!

以下をご覧ください。
1年目の給料は日本の平均給料以上をもらえています。

ですが、長期で見ると上り幅が少ないのです。

【リハビリ職、年代別での平均月収】

日本作業療法士協会誌.2019.12より引用

昇給する金額は病院によって異なりますが平均1000~5000円程度です。

昇給が1000円

【10年働いて昇給が1万円】ですよ。

その病院はすぐさま転職をお勧めします。

リハビリ職の年収は年齢が上がれば上がるほど日本の平均以下になっていきます。

③資料作成等のサービス残業が多い

患者様を一人担当するだけでえらい量の資料作成が・・・

計画書、加算書類、転所書類・・・きりがないですね。

特に急性期だと患者さんの入退院が多いのでその都度、作成しないといけません。

この大量の業務を患者さんにリハビリを提供する中で行うのは難しく、業務後に残業してやることが多く、大切な時間も取られることに・・・

④休日が少ない

リハビリ職は生涯勉強を掲げています・・・

業務後に勉強会がある病院、休日にある病院もあります。

全部自分のためではありますが身体を壊したら意味がないですよね

⑤リハビリ職が年収をUPするためには

①転職して年収を上げる

一番早く、そして楽に年収を上げる方法だと私は考えています。

私も転職をすることで年収のアップに繋げることができました。

私が使用した転職サイトはこちらから↓

マイナビコメディカルの口コミと特徴【リハビリ転職体験談】
マイナビコメディカルってどうなの? 実際に私はマイナビコメディカルを使用し転職を経験。 年収が70万ほどアップしました。 年収がアップした話の記事はこちらから なにかと...
①自分に合った転職先をキャリア面談にて提案してくれる
➁医療業界に精通したキャリアアドバイザーが詳細に対応してくれる
③転職先が決まるまで転職活動をサポートしてくれる
④転職後のアフターフォローが充実
➁役職を目指す
これは働いている病院の形態や、今の領域にやりがいをもっている人向けです。
③副業を始める
今は副業解禁時代です。本業+副業で今よりも年収アップを目指す人も増えてきています。

⑥リハビリ職のこれからの未来

養成校の乱立でリハビリ職はもう飽和状態寸前です。

医療分野から介護分野、病院から地域へと職域も広がっています。

自分に合った病院、働く場所を見つけて【自分で道を切り開く】その一歩が大切です!

この記事が年収アップに繋がる最初の一歩の手助けになれたらなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました