■エンタメ

菅総理の妻・真理子夫人の年齢は?出身地や学歴についても!wiki風プロフィール

第99代内閣総理大臣に選ばれました「菅 義偉」こと菅総理。

総理大臣になってからは携帯電話料金の値下げや温室効果ガ削減目標などの改革をだし

総理大臣としての働きに注目を集めています。

その一方でもう一つ注目を浴びているのが菅総理の妻・真理子夫人の存在。

総理大臣の妻となった方ですから注目も当然でてきます。

菅総理の妻なので官僚や議員さんなのかな?と思っていたのですが

実は一般的な主婦だったのには驚きました!

菅総理を陰で支えてくれた妻の存在とはどういったものか?

なので今回は菅総理の妻・真理子夫人に関して気になった事を調べてみました。

・菅総理の妻・真理子夫人の年齢

・菅総理の妻・真理子夫人の出身地

・菅総理の妻・真理子夫人のが学歴

・菅総理の妻・真理子夫人はどんな人?

についてまとめましたのでご覧ください。

菅総理の妻・真理子夫人のwiki風プロフィール

名前 菅真理子
年齢 67歳(2020年現在)
出身地 静岡市清水区
学歴 静岡中→清水東高→静岡女子大
経歴 住み込みの家事手伝い

菅総理の妻・真理子夫人の年齢

年齢は67歳(2020年現在)

生年月日は不明ですが67歳ということなので1953年か1954年生まれになりますね。

菅総理が1948年12月6日生まれ、2020年現在は71歳なので、妻の真理子夫人の方が4歳ほど少ないです。

菅総理の妻・真理子夫人の出身地

出身地は静岡県静岡市(言:静岡市清水区)

静岡県で食品会社を経営されていた両親の元に生まれました。

当時の近隣住民からのコメントは以下

近隣住民

もともとご両親は地元で食料品の卸問屋を経営していました。
ただ、小売りもやっていましてね、インスタントラーメンや缶詰を売っていました。
良い卸し先があって経営は安定していたそうです

両親は経営者であり、業績も安定していたそうですね。

実家が裕福だった分、育ちも良さそうです。

真理子夫人の貫禄や、性格はこういった環境からできたのかも知れないですね。

菅総理の妻・真理子夫人の学歴

出身校 学校名 偏差値
出身中学校 静岡大学教育学部附属静岡中学校 59
出身高校 静岡県立清水東高等学校 66-70
出身大学 静岡女子大学(現:静岡県立大学) 55-64

小学校はどこなのか調べてもでてきませんでしたね・・・

教育熱心な母親の影響で

小学校卒業後は静岡大学教育学部附属静岡中に進学

この中学校にした理由は育熱心な母親の影響があるそうです。

中学校ではバレーボール部に所属していたとのことです。

中学校卒業後は静岡県立清水東高等学校に進学

高校では弓道部に所属されていたとのことです。

当時の同級生がこんなコメントを残しています。

高校時代の同級生

当時、1学年は350人ほどで、真理子さんは普通科に所属していました。
成績上位50名に入ると、校内に張り出されるのですが、彼女はよく名前が入っていた。
弓道部に所属していて、ショートカット、目もパッチリだったので、入部した時は男子部員が“あの子いいよね”と色めきたっていましたよ

高校時代から成績も良く、多くの人に名前が知れ渡る存在だったのですね。

そりゃ男性部員も気になってしまいますよ(笑)

そして中・高校時代共に運動部に所属しているあたり真理子夫人は運動が大好きなことも伺えますね。

運動神経も良かったのでしょうか?

髪型は高校時代からショートカット!現在のショートカット姿も貫禄がありますよね!

高校卒業後は静岡女子大学(現・静岡県立大学)に進学されています。

菅総理の妻・真理子夫人の経歴

大学卒業後は衆議院議員であった小此木彦三郎の自宅にて、家事手伝いとして住み込みで勤務されました。

Wikipediaでは以下のように書かれていたので真理子夫人が家事手伝いをしていたのは確実でしょう

衆議院議員であった小此木彦三郎の自宅にて、家事手伝いとして住み込みで勤務した

引用先:wikipedia

あるニュースサイトでは真理子夫人は当時の【菅官房長官と同僚だった女性秘書のお姉さん】

とも書かれていたので妹さんも小此木彦三郎の秘書官として働かれていたようです。



菅総理の妻・真理子夫人はどんな人?

菅総理が新総理大臣として注目を浴びる中、真理子夫人はあまりニュースなどでも見かけませんでした。

表舞台に立たないのはなぜなのか?

それには菅総理の妻である真理子夫人の性格や考えがあったようです。

周りの方々の真理子夫人に対するコメント

田野井一雄

自分のわきまえを踏まえ、清楚で笑顔が素敵な女性
挨拶は大の苦手だが、いざというときにはしっかりと充実したスピーチができる

引用先:Wikipedia

出身高校の教師

でしゃばる方ではないが、芯は大変強い。夫にアドバイスができる。ただただ仕えるというよりもいいパートナーになれる

引用先:wikipedia

また、表舞台に立つことが少ないので、メディアが写真を探すのも大変だったともかかれています。

それほど影の存在として菅総理を支えていたことがわかりますね。

また、菅総理は、民放テレビ番組において総裁選立候補に際して「一番の難敵は真理子だった」と発言されました。

とにかく目立つのが嫌な真理子夫人。「総理大臣の妻」としてメディアから注目を浴びるこを嫌がったのでしょうか。

目立つのが嫌だという理由から、官房長官就任時にもひと悶着あったとの情報もありました。

菅総理が官房長官時代に官房長官公邸に住もうとしたところ真理夫人子が嫌がったという話もあります。

表舞台にたたなかった理由は「目立つのが嫌だ」とありますが、周りの声からも実力は十分にあり

影で菅総理を支えてくれている存在大切な存在でいてくれていたことがわかりました。

菅総理との馴れ初めは?

衆議院議員であった小此木彦三郎の自宅にて、家事手伝いとして住み込みで勤務した
この頃、小此木の秘書を務めていた菅義偉と知り合い、結婚した

引用先:Wikipedia

大学卒業後は衆議院議員であった小此木彦三郎の自宅にて、家事手伝いとして住み込みで勤務されました。

そして当時、小此木彦三郎さんの秘書官をされていたのが菅総理なんです。

ここが運命の出会いだったわけですよ!

2人は1981年に結婚されています。

菅総理が当時30歳、真理子夫人が25歳でした。

菅総理が1987年の横浜市会議員選挙に立候補し、初当選を果たす。

それ以降、政治家の妻として義偉を支える立場となりなるべく目立たないよう表舞台に立つことを避けているとのこと。

事務所にも選挙期間中しか足を踏み入れていないという。

期間中は最初に出勤して事務所の前を掃除しているという

選挙演説などでマイクを握ることも稀だが、菅総理の不在時には代理で挨拶する機会もあったとされています!

そのあいさつの内容も1分かそこらで必要なことを無駄なく盛り込んでしゃべるとのことですから

実力も相当な事が伺えます。

菅総理の妻・真理子夫人の性格

菅総理の元秘書、山本たかし横浜市議はこう語られています。

山本たかし横浜市議

菅先生は秘書には厳しい人で、近づくのが怖かった。
そのぶん、真理子さんは常に優しくて、若い秘書たちにとっての癒やし。
“日本のお母さん” という感じでした

引用先:smartFLASH

菅総理の妻である真理子夫人は若い秘書に会う度

「いつもありがとうね」

「体は大丈夫?」

「菅に怒られてない?」と気配りしているそうで

周りからの信頼もとても厚いようです。

夫のいないところで周りの気配りができる妻。

とてもできる妻の象徴ですよね。

こういった関わりは簡単にはできないもんですよ。

真理子夫人はバツイチだった

実は真理子夫人はバツイチであったようで

大学卒業後に一度結婚をされています。

嫁ぎ先は県内の農家とのことでした。

近隣住民からのコメントは以下

近隣住民

真理ちゃんのお母さんに聞いた話では、大学で英語の勉強をしていたそうです。
昔から茶道なんかも習っていたとか。そして、大学を出るとすぐに地元で結婚したのです
いちご栽培で有名な地区の農家でした。でも、“お茶の柄杓(ひしゃく)持つより、肥料の袋を持った方がいい”
なんて、姑さんにいびられたみたいで、農作業に馴染めず、半年か1年でダメになっちゃったんです

離婚の原因は農作業が真理子夫人に合わなかった事と姑関係みたいですね。

ですが今では菅総理の妻となり、ファ―ストレディとなりましたからね。

人生なにがあるか本当にわからないもんです。

家賃5万の家に住んで夫を支えていた

これは菅総理がまだ市議だった頃の話です。

新婚時代の二人は横浜市内のアパートの2階で暮らしをしていたそうで、真理子夫人この頃から専業主婦として多忙な夫を支えていたとのこと。

このアパートは菅総理の友人の父が所有していたもので友人割引も含め月5万で借りていたそうです。

現在真理子夫人が住んでいる家は別格!

ベイブリッジなどが見渡せる、横浜駅近くの資産価値で1億は超えるタワーマンションで暮らしているみたいです。

まとめ

菅総理の妻・真理子夫人の年齢

・菅総理の妻・真理子夫人の出身地

・菅総理の妻・真理子夫人のが学歴

・菅総理の妻・真理子夫人の実績

菅官房長官の嫁・真理子夫人年齢は67歳(2020年現在)

出身地は静岡県清水区。

学歴は静岡大学教育学部附属静岡中学

静岡県立清水東高等学校

女子大学(現・静岡県立大学)となっています。

菅総理を影で支える妻・真理子夫人の性格についてもわかった事が多いと思います。

菅総理のファーストレディとして世界の舞台で活躍して行くことが期待されます。

今後さらに真理子夫人に注目が集まるでしょう。

目立つのが嫌な本人はそれをどう感じているのかはわかりませんが

日本国民としては今後の活躍を応援したなと感じました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-■エンタメ

© 2020 らくらくいずむ Powered by AFFINGER5